旅行記・お出掛け

2020.秋 青函旅行〜奥入瀬渓流リベンジ〜その2・函館から青森へ

青函旅行2日目の記事です。
前日は大阪から函館まで移動し、ラッキーピエロで晩ご飯を食べて就寝💤
今回は青森まで移動します🚄

・朝ご飯はハセガワストアのやきとり弁当・・・焼き豚弁当??

朝9頃に起床☀️昨夜の雨も上がりまして、朝ご飯をどうしようか悩んでいたところ、会社の同僚から『ハセガワストアのやきとり弁当、美味しいよ!』と言っていたのを思い出し、行く事にしました。
ホテルから徒歩1分くらいのところにありまして、小さいお弁当屋さんの雰囲気です。待ちのお客さんが結構いまして、やきとり弁当(たれ・中)とカップうどんを注文😃
注文が入ってから焼いてくれるのですが、待っている間に『どー見ても豚肉だよな?味は鳥肉なのか?🤔』と疑問が湧きましたが、ホテルで実食したところしっかり豚肉でした😂道南では豚精肉のことを『やきとり』と言うそうでして、パッケージにも豚が描かれておりますね🐷
味はめっちゃ美味しいです🎵野菜串が付いているのも良いですね🍆こちらもラッキーピエロに並ぶ函館名物だそう✨
ハセガワストアのHPはこちら

・函館駅から新函館北斗駅へ向かいます

やきとり弁当を食べ終え、ホテルをチェックアウトしたら青森へ向かいます💨
函館駅のホームの自販機にはチョコレートと菓子パンもラインナップされていて、しかも安く、思わず撮っちゃいました📸
『はこだてライナー』という普通列車に乗り、約20分で新函館北斗駅に到着。気温は4.6℃と今季一番の寒さを記録したそうです💦
新幹線の終着駅ですが駅前の差が激しく、南口は駅舎も立派で商業施設もいくつかありましたが、北口はかなり閑散としていて田んぼが広がっております🌾今後の発展に期待ですね😃

・はやぶさ28号で新青森へ H5系でした

ホームに行くと既に入線しており、はやぶさ28号へ乗り込みます🚄
『車体の色が何か違うなぁ?』と思ってたら、珍しいH5系でした。E5系と形・座席は同じですが、ラインのカラーが紫だったり全席コンセントだったりと、微妙に違ってました💺
新青森に着いたら車を運転するので、昨日買ったラッキーピエロのエナジードリンクを飲んで気合を入れます😝

・新青森に到着 昼ご飯は煮干しラーメン・絶豚(ゼットン)

新青森に到着🍎
ホームを下るとねぶたが飾ってありました。このサイズでも迫力がありますね😃ねぶた祭りのはどんだけデカいんだろう?と思いつつ、駅前でレンタカーを借りて、遅めのお昼を食べに行きます。
青森は煮干しラーメンが有名で、その中でも良さそうなお店を探したところ、絶豚(ゼットン)がヒット❗️到着すると黒猫に見送られ、店内に入るとレトロな雰囲気。
券売機で『デス煮干しラーメン』の文字が目に入り、麺大盛りで購入🍜10分ぐらいで着丼し頂きます🙏うん、美味しい❗️久々に濃いめの煮干しラーメン食べました😋煮干しラーメンあんまり食べない人でしたが、これはハマりそうです🎵
美味しかったので3分ほどで食べ終わり、スープもほとんど飲んでしまいました💦スープ飲むと少し罪悪感あるのは何ででしょうね?(笑)

・今回の宿 リッチモンドホテル青森 コンフォートダブル

絶豚を後にして、ホテルへ向かいます🚗
今回の宿は『リッチモンドホテル青森』です。駅からは少し距離がありますが、基本的にクルマ移動なので問題無いでしょう。
お部屋はコンフォートダブルで広々🎵ホテルで少し休憩します😴

・晩ご飯は青森駅前 お食事処おさない

夕方になりまして、晩ご飯に『ほたて貝焼味噌』という料理を食べてみたく、青森郷土料理・お食事処おさないへ向かいます💨少し前にテレビで紹介されていて気になってたんですよね😋
ホテルから20分くらい歩いたので、お腹も減り、『ほたて貝焼味噌定食・けの汁変更』を注文します。
冬猫は貝が少し苦手なのですが、これはご飯が進みます🍚ホタテも大きい💦塩気があるので喉が乾きやすく、途中でシードル追加しました🍾けの汁というのも初めて頂きましたが具沢山で、お腹いっぱいです😵
レトロな定食屋さんでしたが、ひっきりなしにお客さんが入れ替わってて、高校生くらいの子もいましたね❗️地元に愛される定食屋さんって良いなぁ〜、あとPayPay使えるのも良かった(笑)メニューが多いので、また青森来たら寄りたいと思います😄
おさないを後にしてホテルに行く途中、コンビニでお酒とつまみを買います🍺写真のかりんとうは東北限定だそうですが、お腹いっぱいで食べれずに、結局お土産になりました😂

2日目はこれで終了です。3日目はこの旅の最大の目的・奥入瀬渓流へ向かいます。

次話:2020.秋 青函旅行〜奥入瀬渓流リベンジ〜その3(終)
前話:2020.秋 青函旅行〜奥入瀬渓流リベンジ〜その1